はんこの材質「牛の角」と「象牙」の大きな違い

似たように見えるけど全然違うねんで 最近ははんこの材質について色々書いてますが、そういえば僕、この業界に入った頃、「牛の角」(黒集牛を含む)と「象牙」が全然違うもんやってのを知らんかったのを思い出しました。

 「え? 象か牛かの違いだけなんちゃうの?」と思った方! 全然違いますよ!! 組成が全然違うんですわ

 牛の角は、組成はたんぱく質人間で言うと「爪」と同じ。これに対して「象牙」は「牙」つまり「歯」なんで、硬さは牛の角とは全然ちゃいます。

 それに、たんぱく質で出来た牛の角は稀に虫食いがあり、裸で保管しておくとはんこに穴が開く可能性があるんですが、象牙はそんな心配ありません。燃えない素材なんで、火事になった家の焼け跡から出てきたって言う話もあるんですわ(絶対大丈夫って言う保証はしませんけどね)

 動物の顔からニョキっと生えてるんで、似たようなモンやんな…と思ってた方、勉強になりましたか??

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *