実用印見本

 印影印影

「鈴木秀雄」
書体:左は印相体 右は篆書体

 左は印相体の印影。右は篆書体の印影です。
 二つとも文字の基本的な形は似ているように見えますが、最も違いを感じるところは「木」のデザインだと思います。

 印相体の「木」は、線を曲がりくねらせて画数の少なさを補っていますが、篆書体の印影ではそのようなことをしていません。
 篆書体で曲がりくねらせるのはNGなのか? というと そうではないのですが、お客様が印相体ではなくあえて篆書体を選ばれた場合は、スッキリした文字デザインを好まれる傾向があるので、印影見本でもそのようにさせていただきました。

 なお、印相体、篆書体とも、「鈴」と「木」の境界線が、「秀」と「雄」の境界線よりやや下になっております。これは意図的に行っているもので、これによって全体的なバランスを調整しているのです。

現在すでに表示されています